コミュ障は治らなくても大丈夫

コミュ障は治らなくても大丈夫

いまや大人気のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記は、元コミュ障だった!?
何をやってもうまくいかない試行錯誤の日々と、そんな毎日のなかで少しずつ見つけたコミュニケーションのルール。
漫画は『まどか26歳、研修医やってます!』『あたふた研修医やってます。』などの水谷緑が担当。
人と話すのが苦手なすべての人に贈る、今日から会話が少し楽になるコミックエッセイが満を持してコミ劇に登場です!

作品を読む
作者紹介
  • 吉田尚記
    1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。
    2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞。「マンガ大賞」発起人。
    ラジオ『ミュ~コミ+プラス』(ニッポン放送)等のパーソナリティを務める。
    マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、常に情報を発信し続けている。
    主な著書に『ツイッターってラジオだ』(講談社)、『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)がある。
    『デジモノステーション』他多数の雑誌で連載中。
    Twitterアカウント @yoshidahisanori
  • 水谷緑
    神奈川県生まれ。第22回コミックエッセイプチ大賞・B賞を受賞した『あたふた研修医やってます。』シリーズでデビュー。好きなものはモチモチした食べ物。著書に『まどか26歳、研修医やってます!』、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記との共著『コミュ障は治らなくても大丈夫』(いずれもKADOKAWA)。小学館『いぬまみれ』にて犬漫画「ワンジェーシー」連載中。
最新刊情報
コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力
著者:吉田 尚記漫画:水谷緑
今日から人と話すのが楽になる!
入社してしばらくは原稿もろくに読めず、インタビューも苦手、ゲストに「絡みにくい」と言われ落ちこぼれアナウンサーだった、ニッポン放送の人気アナウンサー・吉田尚記。
そんな彼が、実践に実践を重ねてたどり着いた答え。それは、「コミュ障は治らないけど、コミュニケーションのルールを覚えれば、誰でも会話上手になれる」というものでした。

・初対面の人には先入観をぶつけても大丈夫
・質問はささいで具体的なことから始める
・「えっ!」というリアクションで会話の相手はぐっと話しやすくなる
・自分の弱点は強み(キャラ)になる
などなど、今日から使える実践的な方法が満載です。

初対面が苦手、うまく会話が続かない、話し相手に何を聞いていいかわからない…。
そんな、コミュニケーションが苦手なすべての人に贈る、今日から人との会話が少し楽になるコミックエッセイ!
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】