• facebook シェア

受賞者発表

コミックエッセイプチ大賞

今回も多数のご応募ありがとうございました!
応募総数250通を超える作品のなかから選ばれた受賞作を発表します。

メンズエステ嬢雑記

鶴屋なこみん

【講評】生活費のためにメンズエステ店で働いてきた作者の経験を赤裸々に描いた作品。禁止されている性サービスを強要してくる客や辞めていく同僚など生々しいエピソードを淡々と描いており、その柔らかい絵柄と相まってメンズエステ嬢のリアルな心情を不快感なく読むことができた。

この作品を読む
30キロ痩せ!カンタンダイエットレシピ

夏木つな

【講評】体重が85㎏あった作者が、嫌いな運動をなるべく避けてダイエット飯で体重30㎏減を目指す作品。紹介されたレシピはどれもダイエット食材を上手く活用しており、料理も美味しそうに描けている。ダイエットを始めた理由や続けるためのモチベーションなど作者の人となりが見えるとさらに共感できる作品になるはずだ。

この作品を読む

総評

「新コミックエッセイプチ大賞」は今回でリニューアルして8回目、リニューアル前の「コミックエッセイプチ大賞」と合わせると通算37回目の開催となりました。
今回は2作品がプチ大賞を受賞されました。

1つ目の受賞作品は、鶴屋なこみん『メンズエステ嬢雑記』。
タイトルどおり、メンズエステ店で働いてきた経験を描いた作品です。
メンズエステには風俗店と違い性的サービスがありませんが、訪れる客のなかには禁止されるサービスを要求する者もいて、その仕事は一筋縄ではありません。予期しない様々な状況に直面して、エステ嬢である主人公の気持ちはどう揺れ動くのか。同僚として働くエステ嬢の姿も交えながら描かれるその様は、強いリアリティがありました。
特別な体験をしていなくても日常の切り取り方ひとつで作品にできるのがコミックエッセイの特徴ですが、一方でこうした「体験した者」でしか描きようのないテーマの面白さというのは必ずあります。かといってそれは職業を選ぶわけではなく、作品の出来不出来は主人公となる自身の心情を含め、細部をいかにすくい取るかが決め手となるはずです。この作品が優れていたのは、そのすくい取り方が丁寧で、読者のやや下世話な興味に対して誠実な姿勢が感じられたからだと思います。一見、男性読者の興味を惹きそうなテーマ的ですが、審査会では女性編集者からの支持が高かったのも印象的でした。

2つ目の受賞作品は、夏木つな『30キロ痩せ!カンタンダイエットレシピ』です。

作者のもともとの体重は85㎏(といっても応募作品ではその当時のことは描かれておらず、そこが少し残念でしたが)、それが運動をせずにご飯だけで30㎏減というのはやはり強いインパクトがありました。
と同時に、この作品はダイエット漫画であるだけでなく料理漫画でもあります。「料理漫画であればやっぱり素敵なご飯のイラストが見たい」というのが読者の気持ちですが、作品内の美味しそうな料理のイラストは読者の欲求に応えるものでした。
ダイエットと料理。切っても切り離せないようにも思える2つのテーマですが、この2つを両立させ、かつ成功させたコミックエッセイ作品はそれほど多くありません。作者にはぜひ、ダイエットという人生の一大イベントを、料理というスパイスを大いに効かせたエンタテインメントコミックエッセイに仕上げていただきたいと思います。


今回プチ大賞を受賞された方々には、賞金10万円と、編集部より担当が付き、書籍化に向けて動き出すことになります。
ここからすてきなコミックエッセイ作品が誕生することを心から期待しています。

次回の新コミックエッセイプチ大賞にも、どうぞご期待くださいませ。
今後も皆様のご応募を、心よりお待ちしております。

コミックエッセイ編集部
編集長 山﨑 旬

購入先をお選び下さい