• facebook シェア

コミュ障は治らなくても大丈夫

  • なてなブックマーク シェア
  • LINE シェア
  • facebook シェア

作品概要

お役立ち

生き方

いまや大人気のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記は、元コミュ障だった!?
何をやってもうまくいかない試行錯誤の日々と、そんな毎日のなかで少しずつ見つけたコミュニケーションのルール。
漫画は『まどか26歳、研修医やってます!』『あたふた研修医やってます。』などの水谷緑が担当。
人と話すのが苦手なすべての人に贈る、今日から会話が少し楽になるコミックエッセイが満を持してコミ劇に登場です!

作品を購入する

コミュ障は治らなくても大丈夫

吉田尚記

入社してしばらくは原稿もろくに読めず、インタビューも苦手、ゲストに「絡みにくい」と言われ落ちこぼれアナウンサーだった、ニッポン放送の人気アナウンサー・吉田尚記。
そんな彼が、実践に実践を重ねてたどり着いた答え。それは、「コミュ障は治らないけど、コミュニケーションのルールを覚えれば、誰でも会話上手になれる」というものでした。
初対面が苦手、うまく会話が続かない、話し相手に何を聞いていいかわからない…。
そんな、コミュニケーションが苦手なすべての人に贈る、人との会話が少し楽になるコミックエッセイ!

購入する

作家プロフィール

吉田尚記
吉田尚記

1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。
2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞。「マンガ大賞」発起人。
ラジオ『ミュ~コミ+プラス』(ニッポン放送)等のパーソナリティを務める。
マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、常に情報を発信し続けている。
主な著書に『ツイッターってラジオだ』(講談社)、『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)がある。
『デジモノステーション』他多数の雑誌で連載中。
Twitterアカウント @yoshidahisanori

水谷緑
水谷緑

神奈川県生まれ。第22回コミックエッセイプチ大賞・B賞を受賞した『あたふた研修医やってます。』シリーズでデビュー。好きなものはモチモチした食べ物。著書に『まどか26歳、研修医やってます!』、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記との共著『コミュ障は治らなくても大丈夫』(いずれもKADOKAWA)。小学館『いぬまみれ』にて犬漫画「ワンジェーシー」連載中。

チャレンジ企画とは?

チャレンジ企画とは、読者参加型の短期集中連載企画です。
この企画にエントリーされている作品は、
いま注目の新人作家や、新しいテーマに挑戦している作品など、
まだ書籍化が決まっていない作品ばかり。
読者評価の高い作品は、編集部での検討を経て、「本連載」や「書籍化」が決まることも。
読んだあなたの評価が、それぞれの作品の運命を大きく左右します!

作品は週1回更新で、全5話まで掲載されます。
作品を読み終わったら、漫画の下にある投票ボタンから評価をお願いします。
1つの作品に対して、1話ごとに1回、5段階で評価することができます。
また、ツイッターやフェイスブックでの感想コメントも参考にさせていただきます。
同じく漫画ページ下にあるシェアボタンからご参加ください。

ぜひ作品を読んで、未来のヒット作を応援してください!

※作品への評価は1話につき1度だけお願いします。
個人での複数投票はご遠慮ください。
組織票などの不正投票が判明した場合、投票を無効または作品を削除させていただく事があります。

購入先をお選び下さい