• facebook シェア

受賞者発表

コミックエッセイプチ大賞

今回も多数のご応募ありがとうございました!
応募総数200通を超える作品のなかから選ばれた受賞作を発表します。

お料理はじめました…

雛川まつり

【講評】実家暮らしで料理経験のなかった初心者が、カレー、ハンバーグなどの基礎的家庭料理に挑む。肉じゃがで鍋を焦がしたり、きのこの食べられる部分はどこまでかに悩んだり、ハンバーグにパン粉を入れすぎたりするなど、身近な困惑や失敗も描かれている。絵がかわいらしく、お料理修業で少しずつ成長していく姿に共感できる点が高く評価された。

この作品を読む
ポンコツでも母になる

トキヒロ

【講評】ずぼらで体力のない母が2歳の娘を育てる日々を、軽妙なテンポで描いた育児コミックエッセイ。ママ友との交流、フリマアプリデビューなど、身近な出来事をおもしろおかしく切り取っている。お母さんのポンコツ”ぶりが立っていて、絵は癖はあるがかわいくて味がある。出産までの出来事や、子育て以外の経験も豊富なため、他のテーマも挑戦してみてほしい。

この作品を読む
私、微霊感体質かもしれません。

灯(とう)まちこ

【講評】霊感体質を持つかもしれないがゆえに起こる出来事を描いたコミックエッセイ。ある日、友人の新居探しに付き合ったところ、不思議体験にまきこまれる。体験した出来事とその語り口が魅力的。目次案にあった他の体験にも興味をひかれる。画力はあるものの、人物の造形と背景の効果にはもうひと工夫必要か。

この作品を読む

総評

こんにちは。コミックエッセイプチ大賞にご応募いただき、誠にありがとうございました。
夏も終わり秋も深まる日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回は200通を超える作品を拝見させていただきました。
今回のプチ大賞受賞者は3名です。


まず最初の1名、もっとも審査点が高かった方は
『お料理はじめました…』 雛川まつりさん です。

お料理に対する苦手感を克服していく様子が前向きに
描かれ、思わず応援したくなるキャラがよいですね~。
絵も読みやすくて、多くの方に受け入れて貰えそうな線です。
願わくば、完成したお料理の描写をもっと細かくして、
美味しそうな様子を表現していただければ!と思いました。


次の受賞者は
『ポンコツでも母になる』 トキヒロ さんです。
編集部でも意見が割れたのは、独特の絵柄です。

かわいい・・・というよりは、不気味・・・?
な主人公ですが、読んでいるとじわじわくる面白さがあり、
飾り気のない生活をさらけ出して描いているところに共感が持てました。
ストーリーは平板なので、なにかメリハリがあるといいですね。


最後のお一人は
『私、微霊感体質かもしれません。』 灯まちこ さんです。
怖いですね~、恐怖体験。

やはりこの手の話は一気に心をもっていかれるパワーがありますね。
主人公の造形に一工夫欲しいとこですし、「恐怖」の表現をさらに磨く必要があるとは思いますが、
テーマ的には誰にでもかけるものではなく、やはり貴重だと思いました。
ブラッシュアップしたものを読んでみたいと思った作品です。

 
今回受賞された3名の方には、賞金10万円と、編集部より担当が付き、書籍化に向けてレクチャーさせていただきたいと思います。
次回のプチ大賞にも、どうぞご期待くださいませ。
皆様のご応募を、心よりお待ちしております。

コミックエッセイ編集部
編集長 松田紀子

購入先をお選び下さい