料理は妻の仕事ですか?

料理は妻の仕事ですか?

著者:アベナオミ
手作り料理=愛情 ではない!
日々のご飯作りから家族のカタチを見つめ直す

「朝、食べたばっかりなのに、もう夜ご飯の心配してる…」「体調の悪い日くらい、誰かの作ったご飯を食べたい…」
イラストレーターのアベナオミさんは、中1の長男、小1の次男、年少の長女の3児のママ。
毎日仕事に追われながら、休む間もなく家族5人分のごはん作りが待っている。
本書は、パパや子供たちの自炊力を上げると共に、頑張り過ぎてしまうママの心に潜む「料理=愛情」という思い込みをはがし、
日々のごはん作りから家族のカタチを見つめ直すコミックエッセイです。

作品を読む
作者紹介
  • アベナオミ
    イラストレーター、漫画家。第13回コミックエッセイプチ大賞でデビュー。「30代からの崩れをトメル マンガでわかる! 美筋のススメ」「お家ガールの自由すぎるひとりぐらし」(マッグガーデン 刊)、「子連れ防災手帖」シリーズ(KADOKAWA刊)、「新ニッポンの父ちゃん ~兼業主婦ですが、なにか?~」(主婦の友社)、「結婚1年目のトリセツ」(マイナビ)など、コミックエッセイや書籍のイラスト、女性誌などで活躍中。

    ツイッター:@abe_naomi_
    ブログ:うさぎとお絵描き
最新刊情報
料理は妻の仕事ですか?
著者:アベナオミ監修:白央 篤司
手作り料理=愛情 ではない!日々のご飯作りから家族のカタチを見つめ直す
「朝ご飯、食べたばっかりなのに、もう夜ご飯の心配してる…」
「体調の悪い日くらい、誰かの作ったご飯を食べたい…」
1日3食、家族のご飯を作り続ける日々にもう限界!

イラストレーターのアベナオミさんは、中1の長男、小1の次男、年少の長女の3児のママ。毎日仕事に追われながら休む間もなく家族5人分のごはん作りが待っている。
料理と一言でいっても材料の買い出し→仕分けして収納→献立を考えて調理→余った食材の保存→食器の片付けまで、と重労働。もうママ一人じゃ頑張れない…。

本書は、パパや子どもたちの自炊力を上げると共に、頑張り過ぎてしまうママの心に潜む「料理=愛情」という思い込みをはがし、日々のごはん作りから家族のカタチを見つめ直すコミックエッセイです。
日々の料理作りを抱えてしまう気持ちをおろし、共に生活する家族みんなの自炊力を上げてみませんか? それは料理を作る以前の、小さな一歩から始まります。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】