どうせ死ぬなら描いて死ぬ。

どうせ死ぬなら描いて死ぬ。

気合を入れて漫画を描きたいけど、仕事や家事で疲れちゃって、描く時間も余裕もない!しかも、そんなときにまさかの「脳梗塞」…!?
「どうせ死ぬなら、描いて死ぬ。」
あやめゴン太、33歳、漫画家志望。脳梗塞を経て本気で漫画、始めました。
「描きたいけど描けない…」が口グセのみなさんに贈る、「本気で漫画描いてみた」著者の、苦悩と喜びの漫画道!

単行本発売中!
発売を記念して期間限定の特別連載をお届けします。
もっと読みたい方は「ピクシブエッセイ」でどうぞ♪

作品を読む
作者紹介
  • あやめゴン太
    沖縄出身。会社員として勤める傍ら漫画を描いていたが、脳梗塞を発症。そのいきさつを描いた漫画「33歳漫画家志望が脳梗塞になった話」がツイッターで大ヒット。
    「ふんわりジャンプ」にて同タイトルを連載中。

    ツイッター:@aya_gon
最新刊情報
どうせ死ぬなら描いて死ぬ。
著者:あやめ ゴン太
どうせ死ぬなら、漫画描いて死ぬ!!!
33歳漫画家志望、脳梗塞、がけっぷち。
死にかけたから 本気で漫画、始めました。

ツイッターRT1万超!「33歳漫画家志望が脳梗塞になった話」の著者新刊!
生死の境をさまよった作者がたどり着いた、
絵を描くこと、作品制作の極意とは!?

「描く時間がない!」「描くやる気がでない!」
「どうやって成長すればいいかわからない!」…
そんな「あるある」な悩みに、
がけっぷち漫画家(志望)あやめゴン太さんがズバッと切り込みます。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】