父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話

父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話

死ぬまでひとりだと思ってた。小学生の娘ができた。世界が変わった。

55歳、独身、ギャグ漫画家。このまま一生、ひとりで生きていくものだと思っていた。
ところが2人の娘をもつ女性との結婚で突然、父となり、思いもよらず小学生の娘との2人暮らしをすることに。
子どもができて、目に見える街並みが、慣れ親しんだ生活が、人生が180度変わった。
娘との生活で経験した驚きと苦労、そして喜びを、飾ることなく本音で綴った著者初のエッセイ漫画。
noteで大反響を呼んだ『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』に、カラーの描き下ろしエピソードなどを加えて待望の書籍化!

作品を読む
作者紹介
  • 渡辺電機(株)
    大学在学中の1980年代半ばより、複数のペンネームでマイナー誌の仕事をする傍ら、石ノ森章太郎の仕上げスタッフに参加。1991年『クソゲー戦記』月刊コミックコンプにて初連載。主な作品に『ダンジョン退屈男』『土星のプリンセス』『はたらくねこ』『クソゲー星人』『(株)~かっこかぶ』『ゾンビな毎日』など。東京都出身。明大SF研OB。
最新刊情報
父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話
著者:渡辺電機(株)
死ぬまでひとりだと思ってた。小学生の娘ができた。世界が変わった。
55歳、独身、ギャグ漫画家。このまま一生、ひとりで生きていくものだと思っていた。
ところが2人の娘をもつ女性との結婚で突然、父となり、思いもよらず小学生の娘との2人暮らしをすることに。
子どもができて、目に見える街並みが、慣れ親しんだ生活が、人生が180度変わった。
娘との生活で経験した驚きと苦労、そして喜びを、飾ることなく本音で綴った著者初のエッセイ漫画。
noteで大反響を呼んだ『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』に、カラーの描き下ろしエピソードなどを加えて待望の書籍化!
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】