几帳面だと思っていたら心の病気になっていました

几帳面だと思っていたら心の病気になっていました

著者:菊晴
鍵かけた? 火消した? 日々の不安を私はこう乗り越えました。

もともと完璧主義で几帳面。でもそんな性格を自分では苦にするでもなく、ときどき友達と遊んで漫画やアニメを楽しむ、そんなごく平凡で普通の幸せな日々。
しかしある日、ささいなきっかけで不安の渦にのみこまれることに……。
「鍵かけた?」「火消した?」など様々なことが気になって仕方がない。
不安に押しつぶされて、引きこもりになってしまった著者に告げられたのは「強迫性障害」という病名だった。
ブログで共感の声続々! 心のとらわれ解消コミックエッセイ。

作品を読む
作者紹介
  • 菊晴
    自身の強迫性障害の経験をブログにて執筆。
    現在はほぼ回復し、ぶり返さないよう年数回
    カウンセリングを受けています。
    漢方薬をのんでいます。

    ブログ:強迫性障害と7年間戦ってみた
最新刊情報
几帳面だと思っていたら心の病気になっていました
著者:菊晴
鍵かけた? 火消した? 日々の不安を私はこう乗り越えました。
もともと完璧主義で几帳面。でもそんな性格を自分では苦にするでもなく、ときどき友達と遊んで漫画やアニメを楽しむ、そんなごく平凡で普通の幸せな日々。
しかしある日、ささいなきっかけで不安の渦にのみこまれることに……。
「鍵かけた?」「火消した?」など様々なことが気になって仕方がない。
不安に押しつぶされて、引きこもりになってしまった著者に告げられたのは「強迫性障害」という病名だった。
ブログで共感の声続々! 心のとらわれ解消コミックエッセイ。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • animate
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】