• facebook シェア

ペコロスの母に会いに行く

  • なてなブックマーク シェア
  • LINE シェア
  • facebook シェア

作品概要

生き方

日常

母ちゃん、ぼけてよかったな。

80歳の母が父を亡くした年に認知症になった。
自身の体験をもとに描かれた、ぼけと家族の物語。

これまでも映画やドラマ、舞台など、多くの作品が作られ、2019年5月にはアニメ放送が決定!

認知症の母との何気ない日常が、多くの共感と感動を呼んでいるベストセラー『ペコロスの母に会いに行く』から文庫化と電子書籍化を記念して全9回をお届けします。

作品を購入する

ペコロスの母に会いに行く

岡野雄一

父を亡くした年、80歳の母の認知症が始まった。10人姉弟の長女でしっかり者の母。酒飲みの夫と二人の息子を抱え、懸命に生きてきた。
「だけんもう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」
ようやく身軽になれた母に、僕は会いに行く。時にほがらかな少女に、初々しい妻になる母に。
母ちゃん、ぼけてよかったな――。
第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、ベストセラーとなり映画化された、笑いと感動のコミックエッセイ。新たに18篇を収録!

2019年5月アニメ化決定!
NBC長崎放送で放送開始予定

作家プロフィール

岡野雄一
岡野雄一

漫画家、シンガーソングライター。1950年長崎市生まれ。高校卒業後に上京、出版社に勤務。40歳で離婚を機に息子を連れて長崎に戻る。自費出版した漫画が地元で話題になり、 2012年に『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社)を出版。認知症の母の今と昔をやさしく描くタッチとさわやかな感動が口コミなどで広がり、第42回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。20万部超のベストセラーに。ドラマ化、映画化される。『みつえばあちゃんとボク』『ペコロスの母の玉手箱』『ペコロスの母の贈り物』『ペコロスの母の忘れもの』など著書多数。

チャレンジ企画とは?

チャレンジ企画とは、読者参加型の短期集中連載企画です。
この企画にエントリーされている作品は、
いま注目の新人作家や、新しいテーマに挑戦している作品など、
まだ書籍化が決まっていない作品ばかり。
読者評価の高い作品は、編集部での検討を経て、「本連載」や「書籍化」が決まることも。
読んだあなたの評価が、それぞれの作品の運命を大きく左右します!

作品は週1回更新で、全5話まで掲載されます。
作品を読み終わったら、漫画の下にある投票ボタンから評価をお願いします。
1つの作品に対して、1話ごとに1回、5段階で評価することができます。
また、ツイッターやフェイスブックでの感想コメントも参考にさせていただきます。
同じく漫画ページ下にあるシェアボタンからご参加ください。

ぜひ作品を読んで、未来のヒット作を応援してください!

※作品への評価は1話につき1度だけお願いします。
個人での複数投票はご遠慮ください。
組織票などの不正投票が判明した場合、投票を無効または作品を削除させていただく事があります。

購入先をお選び下さい