ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行く

著者:岡野雄一
母ちゃん、ぼけてよかったな。

80歳の母が父を亡くした年に認知症になった。
自身の体験をもとに描かれた、ぼけと家族の物語。

これまでも映画やドラマ、舞台など、多くの作品が作られ、2019年5月にはアニメ放送が決定!

認知症の母との何気ない日常が、多くの共感と感動を呼んでいるベストセラー『ペコロスの母に会いに行く』から文庫化と電子書籍化を記念して全9回をお届けします。

作品を読む
作者紹介
  • 岡野雄一
    漫画家、シンガーソングライター。1950年長崎市生まれ。高校卒業後に上京、出版社に勤務。40歳で離婚を機に息子を連れて長崎に戻る。自費出版した漫画が地元で話題になり、 2012年に『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社)を出版。認知症の母の今と昔をやさしく描くタッチとさわやかな感動が口コミなどで広がり、第42回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。20万部超のベストセラーに。ドラマ化、映画化される。『みつえばあちゃんとボク』『ペコロスの母の玉手箱』『ペコロスの母の贈り物』『ペコロスの母の忘れもの』など著書多数。
最新刊情報
ペコロスの母に会いに行く
著者:岡野 雄一
母ちゃん、ぼけてよかったな。20万部超のベストセラーコミックエッセイ!
父を亡くした年、80歳の母の認知症が始まった。10人姉弟の長女でしっかり者の母。酒飲みの夫と二人の息子を抱え、懸命に生きてきた。
「だけんもう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」
ようやく身軽になれた母に、僕は会いに行く。時にほがらかな少女に、初々しい妻になる母に。
母ちゃん、ぼけてよかったな――。
第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、ベストセラーとなり映画化された、笑いと感動のコミックエッセイ。新たに18篇を収録!
エッセイ・伊藤比呂美
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】