メンヘラ製造機だった私が鼻にフォークを刺された話
第8話 

夢と現実

この作品をシェアする
最新刊情報
メンヘラ製造機だった私が鼻にフォークを刺された話
著者:前田 シェリー かりんこ
この体験を漫画にする、それが私の復讐です。
メンヘラ製造機と呼ばれていた20代の頃。
当時付き合っていた彼氏も例外ではなく、些細なことで言い合いになる。
彼氏の怒りが高まりはじめ、帰ろうとすると更に彼氏は怒り出し…。

怒りが頂点に達した彼氏が手にしたのは、フォークだった―。

「このままでは殺される」
そして、命をかけた一か八かの賭けに出る!!

喧嘩し、負傷し、匿われ、追い込まれ、予想だにしない権力者の登場…
読み始めたら止まらない、SNSで話題沸騰の実話に基づくノンストップコミックエッセイ。

SNSでは描かれなかった事件のその後の“秘められた思い”を描き下ろしに加え、待望の書籍化!
作品を購入する
【紙書籍版】
  • animate
  • Amazon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】