世界一幸せな飼い主にしてくれた猫
第3話

きざしは突然やってくる

この作品をシェアする
最新刊情報
世界一幸せな飼い主にしてくれた猫
著者:ねこゆうこ
いつか、ぜんぶ、宝物になる。
ブログ月間PV数12万達成した、飼い猫の最期の日々と、
そのあとを描くコミックエッセイ。

15年前に保護され、ずっと一緒に暮らしてきた猫のちゃーにゃん。
食欲が落ちてきたかなと感じはじめた頃、
口の中に口内炎のようなものを見つけ、
病院に連れて行くと、「ガン」と診断され…。

余命宣告といくつもの治療法
溢れる情報と迫られる選択の中で思い悩みますが、
いつでも頭の中にあるのはちゃーにゃんに幸せであってほしいということ。

大切な家族の最期、言葉を交わすことができない私たちに精一杯にできることを、
できるかぎりしてあげたい…と試行錯誤の日々。

そして最後の時を迎えた時…

見送り、深い悲しみの時を過ぎ、やがて迎えた2匹の保護猫。
悲しいだけじゃない、きっと読んだあなたの心も温かくなるはず。

生き物を飼っている人、生き物を看病している人、ペットロスに陥っている人、
そして新しく生き物を迎えたいと思っている人…

そんな生き物を愛する全ての人に送るコミックエッセイ。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】