やさしいしろくま

第11話「こぐまズと女の子」

この作品をシェアする
最新刊情報
やさしいしろくま
著者:しろさめ
私が私でいられる場所に、帰ろう。
どうして夜はこんなにも、私の心をさびしくさせに来るのだろう。
「おいで、怖くないよ」
この白くてやさしい生き物にしがみついていれば、もうさびしさに溺れずにすむのだろうか。
<本編より>

ある事情で家族のもとを離れ、しろくま達と共に暮らす絵描きの女の子。
孤独と不安にさいなまれる彼女にとってのしろくま。それはまるで、暗い夜に帰るべき場所を照らしてくれる灯台の光のような存在だった。
これは、孤独と不安に苛まれるひとりの少女が、自分の居場所を見つけるまでの物語――。

SNSで公開された断片的なイラスト群が、大幅な描き下ろしを加えて一つの物語に。
若き新鋭が全編水彩画で描く、心温まる漫画絵本。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • animate
  • Amazon
  • e-hon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Honya Club
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】