東京のど真ん中で、生活保護JKだった話

東京のど真ん中で、生活保護JKだった話

著者:五十嵐 タネコ
定価:
1,430円(本体1,300円+税)
発売日:
判型:
A5判
ページ数:
176
ISBN:
9784046829542
誰もが受ける可能性のある「生活保護」。その実態を少し覗いてみませんか?
父は病気の後遺症で仕事につけず、母も病気療養中のため生活保護を申請することになった家族。
「タネコちゃん、お魚の食べ方きれいだね」 
……なぜかって? 家族4人でサンマ1匹を食べあってるからだよ~~!!! 苦い内臓だって大事な可食部!! 

お金がかかるボウリング場はなかなか行けない……。だったら”無料で”遊べる公共施設に行けばいいじゃない! 

世は平成のゲーム戦国時代。欲しかったあのゲーム機も、貧乏な家庭では到底買うこともできず……。そんななか、ある漫画雑誌で作品中の謎を解けば抽選でゲーム機が当たるとの情報が!! これはやるっきゃない!

そんな波乱万丈な暮らしのなか、ボランティア活動を通して仲良くなった区役所職員さんが、進路に迷った著者にかけてくれた驚きの言葉とは……!

あなたも私も実は知りたい「生活保護の実態」。
実際に生活保護を受けた著者だからこそ描ける、人生救済リアルコミックエッセイ!
作品を購入する
【紙書籍版】
  • animate
  • Amazon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】