赤い隣人~小さな泣き声が聞こえる

赤い隣人~小さな泣き声が聞こえる

著者:野原 広子
定価:
1,210円(本体1,100円+税)
発売日:
判型:
A5判
ページ数:
160
ISBN:
9784046801456
第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞作家 野原広子が描く「自覚のない虐待」
小さな息子を連れて、新しい街に引っ越してきた希(のぞみ)。
隣に住む「理想的な家庭」の主婦、千夏(ちか)と家族ぐるみで仲良くなるが、
じわじわと千夏への違和感を感じていく。
おかしいのは私のほう?それとも千夏のほう?

幸せな家族に見えても、心の黒い穴は埋められない。

『消えたママ友』『今朝もあの子の夢を見た』『人生最大の失敗』を描いた
イヤミス・コミックエッセイの第一人者、野原広子最新作、
雑誌レタスクラブ連載に加え描き下ろし64ページオールカラーで構成。
作品を購入する
【紙書籍版】
  • Amazon
  • カドカワストア
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
【電子書籍版】