対談 小栗左多里&トニー・ラズロ×ヤマザキマリ Meets 井上純一ご夫妻

【プロフィール】

  • 小栗左多里さん
    おぐり・さおり

    ●岐阜県生まれ。
    1995年デビュー。
    代表作は『ダーリンは外国人1~2』『ダーリンの頭ン中1~2』『さおり&トニーの冒険紀行イタリアで大の字』など。2012年にベルリンに移住し、『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』が大好評発売中。

    小栗左多里WEB
    http://ogurisaori.com/

  • トニー・ラズロさん
    とにー・らずろ

    ●ハンガリー人の父とイタリア人の母の間に生まれ、米国に育つ。
    1985年より日本を拠点にライターとして活動。
    92年に多文化共生を研究するNGO「一緒企画(ISSHO)」を設立。著書に『トニー流幸せを栽培する方法』など。

    トニーのサイト
    http://talking.to/tony

  • 井上純一さん
    いのうえ・じゅんいち

    ●宮崎県生まれ。2010年から始めたブログ『中国嫁日記』が大人気となり、翌年単行本化。テーブルトークRPGのゲームデザイナー、イラストレーター、フィギュア製作者などとしても活躍。他の代表作は『月とにほんご』など。

    中国嫁日記 http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/

specialカップル座談会
小栗左多里&トニー・ラズロ meet 井上純一&月(ゆえ)

対談 小栗左多里&トニー・ラズロ×井上純ご一夫妻

左からトニー・ラズロさん、小栗左多里さん、井上純一さん、月(ゆえ)さん

【後編】>>

マンガ家は海外でも引き込もり!? 僕はトニーさんにはなれません

  • ――井上さんご夫婦は日本で結婚されて、現在は中国にお住まいなんですよね?
  • そうなんです。最初、香港に近い東莞(ドンガン)というところに住みまして、
    今はさらにそこから車で約2時間の深圳(シンセン)に引っ越しました。
    中国に来て2年半ですね。
  • 私たちがベルリンに移ったのとちょうど同じくらいですね。
  • 僕の生活は中国でもマンガをずっと描いているだけで、ただの引き込もり。
    日本にいるときもそうだったので、移住してもまったく生活が変わらなかった(笑)。
  • 私も同じですよ。
  • でもトニーニョ君がいらっしゃるから、いろいろ外出の機会がおありでしょう?
  • 学校へはトニーが連れてってくれますから。
    私は一日中マンガ描いて、ちょっと家事やって。そんなにアクティブではありません。
  • ご近所の方とお話ししたりしませんか?
  • 月はかなり友だち作ってますけど、僕はまったく。日本にいるときから友だちは少なくて(笑)。
    そもそも、中国語がびっくりするくらいできないんですよ。
    全部、月に頼ってしまうので、まだ結婚前のほうが必要にかられて、頑張ってしゃべっていた。
  • ジンサン(※井上さんのこと)が話せるのは、「北京ダック(ベイジンカオヤー)」だけデス。
  • わかります。私も完璧なドイツ語は「お勘定お願いします」だけ(笑)。
    うちでは、トニーがどんどん知り合いを増やしてます。
  • マンションに共通の庭があって、トニーニョをそこで遊ばせてるんですね。
    それで、1階のドイツ人夫婦や4階のスペイン人、トルコ人のお宅とは親しくなりました。
    3階のドイツ人の家族も同じくらいの年齢のお子さんがいるので、これから仲良くなれそう。
  • いやー、僕はトニーさんのようには生きられないですね。あらゆる意味でスゴイ!
  • でもそれはね、方向性が違うだけですよ。
    『中国嫁日記』で「40歳オタク夫」と自称されてますけど、トニーも気質は一緒です(笑)。それに、子どもができたら変わったりしますよ。
  • そうですか。トニーさんも変わった?
  • 私は子どもを持ちたいなと思ってたんですけど、
    トニーは「できなくてもそれはそれで大丈夫だね」と言っていて。
    でも、いざ生まれたら「もう子ども最高!」みたいな(笑)。
  • 子どもは、これから育っていく人間ですよね。未来の可能性がある。
    もちろん自分の力でなるようになるんだけど、親の刺激や環境で少し違ってくるかなと思うんです。
    だから、いい方向に向かうように助けられたらいいなと、いろいろ考えますね。
  • ドイツに移った理由もそれですか?
  • 子どものこともあります。でも僕自身も20年以上日本に住んでいて、
    そろそろ違う経験をしてみたいなと思っていましたし、
    さおりも一度も海外に暮らしたことがなかった。
    3人揃って海外に住んでみたら、皆にとっていいことあるかなと思ったんですね。
  • いいことありました?
  • 息子は、視野を広げることができたんじゃないかなと思いますね。
    私にとっても新鮮ですし。

『ダーリンは外国人』にのろけオチを学ぶ!?

  • 『中国嫁日記』を拝読してると、のろけがオチになってますよね。
    正直、初めて読んだとき、ちょっとびっくりしました。これが許されてるなんて奇跡!って(笑)。
  • 僕はのろけてる意識はないんですけど。
  • いやいやいや(笑)。
    だって、4コマ目が「ジンサンと一緒じゃないと楽しくナイデス」っていう
    月さんのセリフだったりするんですよ(笑)?
  • そういうのはそこまで多くはないはず(笑)。
    実はですね、『中国嫁日記』を始める前にエッセイマンガをいくつも読んで、
    勉強したんです。なかでも『ダーリンは外国人』からすごく学んだんです。
    で、何を学んだかというと、そののろけオチなんですよ。
    「この程度ならのろけてよいのだ」というのを教えていただいたんです。
  • え!
  • 『ダーリンは外国人』は、トニーさんの描き方が本当に素晴らしいんです。
    マンガで配偶者をどう描くかというのは難しくてなにが難しいかというと、
    まず、よく描いてしまいがちなんです。
    自分の夫はこんなに素晴らしいとか、こんなにかっこいいとか。
  • そうですね~。気をつけるポイントですよね。
  • その描き方が小栗さんはうまい。
    たとえば、トニーさんが美形だとは描かない。
    でも、「彫りが深い」とは描くんです。これはうまい! これだなと。
    次にですね、絶対に悪く描かない。
    普通はケンカしたときなんかに、配偶者がどんなに悪いか描いちゃう。
    ところが小栗さんは、トニーさんは「こんなに面白い」って言う。
    こんなふうに考えてるから、この人は面白いと。これは素晴らしい。
    この二つは、ぜひ真似しようと思いました。
    そうしたつもりなのに、ご本人からダメ出しが……(笑)。
  • 熱弁、恐縮です。ありがとうございます。
    最終的には、私のも含めてどんなマンガも、
    こんな家族持ってますっていうのろけになっちゃうのかなとは思うんです。
    でも、『中国嫁日記』は井上さんの誠実さが出ているから、きっと皆楽しく読めるんですよね。
    ブログも拝読してるんですけど、マンガのあとに「明日も更新できそうです」とか
    「次は○月×日になりそうです」とか書かれるじゃないですか。すっごく誠実!
    ここまで読者のことを考えてる方、なかなかいないです。

次回、後半につづきます。お楽しみに♪

【後編】>>

【単行本紹介】

『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ』
小栗左多里&トニー・ラズロ
KADOKAWA メディアファクトリー MF comic essay
1000円(税別)
『ダーリンは外国人』シリーズ6年ぶりの新刊。愛息トニーニョの小学校進学を機に、ベルリンに引っ越したさおり&トニー。今度はさおり自身も「外国人」。意外なお部屋探しの方法、日曜日の過ごし方、小学校生活など驚きと発見がいっぱいの日々をレポート!

『中国嫁日記』(1~3巻)
井上純一
KADOKAWA エンターブレイン
各950円(税別)
40歳オタク日本人が、20代の中国人女性と国際結婚! 中国人嫁・月(ゆえ)との面白すぎる日常をつづる4コマ・エッセイコミック。最新3巻では、何と中国にお引っ越しするというまさかの急展開! 二人の結婚の顛末が明らかになる巻末長編描き下しも必読。